調教を受ける

目の前の光景に顔色一つ変えない。変わった。家元は、腰を激しく使いながら、追い上げにかかっている。さすがに、呼吸が乱れがちになってきた。いいえ。じゃ、下がって、よろしい。あ、彼女のご褒美は、まだある?ハイ、おかげさまで。でも、あの、やはりもう少しだけ増やしていただけないかと。また?この間も増やしたばっかりでしょ。しばらくあれで我慢なさい。でも、最近、効きが悪くなって。

  • 射精したばかりの
  • 太幹は速いピストン運動で静香を突きまくってから
  • あぁぁぁぁ挿入された途端

それほど上手とはいえないフェラチオのテクニックだけで推察すると

お願いします、もう少しだけでいいですから。あんまり増やすと、身体を壊すから。うつ、さ、もう行きなさい。こっちも、イク?から…うつっ-彼女のほうを振り向きもせず、小さな腰をつかんだ手に力が入る。パチンパチンと肉のあた。る音をさせて、家元の腰が穴をうがつように打ちつけられていた。-くう小さく引き締まった唇から、思わずため息が漏れている。こうして、朝一番に射精するのが家元の日課なのだ。きっと亀頭は

露わになった志保美の股間に
露わになった志保美の股間に

セックスした日も

彼女の報告を受けるのも、この時が多い。根本をグッと締め付けてくる感触の中で、射精の余韻を楽しんでいる家元に、そっとお辞儀を一つして、下がる彼女。いつものことだ。今朝は、ここ1週間ずっとお願いしてきたのに。お清め。を増やしてもらえない苛しかし、立ちが、ふん、モロに顔に出てしまっている。それなら、もっと取ってやる。ぷりぷりしながらも、明日から、女達に渡す分からかすめ取る量を倍にしてやろうと決めたことで、少しだけ溜飲を下げる。お清め。を任されていた。とらわれの女たちにお清めをさせて、部屋に下がれば彼女自信の番だった。

乳首の下側に食い込んだ縄

しかし、いつしか他の女たちと同じ量では我慢が出来なくなっていった。少しずつ女達の分から、かすめ取るようになっていた。一人からは少しでも、16人、全員からとれば、彼女の分は以前の3倍使えるようになる。しかも、今では、朝だけでは物足りなくなって、夜、女達が客を迎えている間、こっそりと自室で。お清め。しているのだ。女たちを管理している緒方は、おそらく、それを知っている。

射精せずに痙攣してたけど

のだろうが、今のところは何も言わなかった。それどころか、こっそりと余分を手渡してくれることもある。きっと、私の通帳が欲しいのよね。でも、まだ、あげないわ。もはや、外の世界のカネになど彼女は執着がないが、金を持っているからこそ融通が利く場合もあることを知っていた。そのために、カネはまだ必要なのだ。かつて彼女は、華道界では。の名声を博していた。

ペニスを引いて腰に反動をつけ
ペニスを引いて腰に反動をつけ

マンコをペロペロと舐めあった

6年前、外務省の要請で、アメリカの大学生相手に。ジャパニーズ·カルチャー。の実演をした時の縁で、当時は本名の。立川征。タダシ。である家元と出会ったのだ。そのとき、彼女は、あと1年で40に手が届く年になっていたのだ。タダシ。は、若かった。アメリカの超エリート大学の院生で、バリバリのエリート候補生のクセに、ビックリするほどカネを持っていなかった。しかし、不思議な魅力のあるオトコだった。華道界の一流として、彼女も、金回りだけは良い。