下着を売りに来られたのですから

レイプショーの方に出たいというふたりを募ってみたら簡単に決まったよ しかし、このシリーズをずっと撮らせてくれたらおもしろいなあ。うん。正妻を責める愛人と姑。それを旦那も公認しているわけだからね。吹雪さん。地獄絵図になるよ […]

年上の人妻は何のためらいもなくまるでそれが美味な飲み物でもあるかのようにチュウ1

下半身から摘み出した嫌らしい肉を手でしごいていました ボクはお母さ金の我穴テんに対して心から申し訳ない気分を覚えながら、恭子さんの超絶手コキテクによってムクムクとわき起こって来る射精欲求を、下半身をよじり尻穴をキュッと締 […]

奥様にオナニーして貰いましょうよ

勃起しているのを 今の場合は、目の前に宙吊りで足を広げさせられている女が居るので、を頭の後ろに回して胸を張る。自分は正座をして手おっぱいを少しでも形良く見せるためには出来るだけ姿勢よく座ることだ、て、頭であれこれ考えなく […]

ペニスが四人の

子宮がキュンと収縮する 黒子の格好をして、顔も布で隠したふたりの大男が、テーブルをひとつ担いで出てきた。今ステージに居るような細身の女達ならば、二十人は乗って座っても大丈夫な大きさがある巨大なものだ。上に乗って、真ん中の […]

私の乳房を手で愛撫しながら

佐伯は彼女の顔に向けていたカテーテルを下半身に戻していった 意地悪く黙って見守る中、それでも10分以上疲れを知らない機械振動にアナルでイカされる事を拒絶して踏ん張っていたぁりささんは、力尽きて大の字拘束の全身をおこりに掛 […]

真っ赤な亀頭が出たり

子宮口に当たっていた まさか、連中に染まって…。だとすれば、牧望んでいなくても、女は時に、快楽に負けることもある。このいかがわしい連中が和花に教え込んだ快楽が、もし、想像を絶するモノだとしたら、どうなのだろうか。まさか… […]