射精が迫ったのだ

もう、パンティーをはいていいのよ。と、三奈。さやかは恥ずかしさがこみ上げ、内腿をすぼめてハイレグパンティに足を入れた。それから三日後武蔵野イーグルスは、関西へ遠征していた。ナイターが九時四十分に終了すると、今里誠はチームメートと一緒にバスでホテルへ帰った。今ちゃん、軽く行くかい。同僚の飲みに行くさそいを断り、今里は部屋に待機した。セックス出来そうだなんて虫の良い事を思ってたわけじゃあるまいな乳首と同じようにクリトリスも勃っているらしい

バイブを伝って

ホームゲームでは、ナイターが終わるとまっすぐ帰宅する野球選手たちも、ビジターでは一味違うナイトライフをすごすことになる。イーグルスの主力選手たちは、ホテルでシャワーを浴びると、ポロシャツにジャケットという気楽な服装で三々五々、夜の巷に消えて行く。若い選手だと、ソープランドが魅力だろうが、家族のいる主力組は大阪キタの馴染みのクラブで、ホステス相手にリラックスするぐらい。今里が同僚の誘いを断りホテルに待機したのは、高原医師からの連絡を待つため。ちょうど大阪に行く予定があるから、ナイターが終わるころ部屋に電話を入れるよ。


彼らは乳首にピアスを入れろと言う
彼らは乳首にピアスを入れろと言う

からませて肛門を慣らす

洋子は佐伯の言葉に反応して尻を振りと、高原が言ったのである。待つほどもなく、ベッド脇の電話が鳴った。あたし、高原三奈です。テレビで今夜の試合見たわ。院長夫人の三奈の声であった。三十六歳という年齢を感じさせない、はなやかで若々しい声。すみません。チャンスに打てなくて。あたしに謝ることじゃないけど、ちょっと振りが鈍いみたいね。やっぱり、彼女のことが気になってるの?自分ではそうだとは思っていないんですけど。乳首かたくなってる今里としては、恋人の吉井さやかとのセックスがうまくいかないのを気にして、4タコだったとは認めたくない。おなじホテルの905号室にいるのよ。部屋にいらっしゃらない?と、三奈がいった。ホテルの9階は、スイートルームか、デラックス·ツインだったなと今里は思つた。今里は高原和馬、三奈夫妻がホテルに滞在していると思った。とにかく世話になった医師夫妻に挨拶をしよう。

そんなにセックスしたいんなら

905号のドアをノックすると、三奈がにこやかに笑いながらドアをあけた。あれ?高原先生は?今夜は、あたしひとりなのよ。遠慮しないでどうぞ。今里は、照れくさそうに、絨毯を踏んで部屋に踏みこむ。あたし、関西にもお友だちが多くて。きょうは神戸で画廊をオープンする友だちの応援に行ってきたの。三奈はコケティッシュに笑いながら、今里の大きな身体を見あげる。


彼女の乳首は敏感であり
彼女の乳首は敏感であり

その結果圭介の肉棒は

その三奈はシルク100パーセントの、光沢のあるナイティを身にまとっていた。襟から胸もとがレースで飾られていて、それを透して象牙色の豊満な肌が覗いていた。ナイティはイタリア製で、十八万円もする豪華なもの。さ、座ってなにかお飲みになる?三奈はソファをすすめた。ええ、でも。心配しないでいいの。あたし、高原から今里さんのカウンセラーを頼まれているの。調教して下さったお礼も含めてと言う事で